学校評価により期待される今後の見通し

学校評価の実施によって期待される効果とは

そもそも、学校評価とは、学校の教育活動、そしてそのほかの学校運営の状況についての評価を行うこと。
しかしながら、なぜやるのでしょうか。
それは、学校評価の結果をもとに学校と学校運営の改善と発展を目指すためです。そのために、学校評価の結果を保護者等に公表します。
それによって、様々な効果が期待されます。
学校の状況について皆が知り、意識課題を共有することで、連携協力の促進が期待できます。
学校評価の結果の報告から、各学校が支援・改善に取り組むことが可能です。
それにより、学校運営の改善と発展、そして何より、教育水準の向上と保証を図れます。必要な支援を行うことで、生徒がより質の高い教育活動等を享受できるようになります。

学校評価により必要とされるものと見通し

やはり、自己評価、学校関係者評価の結果に基づき、教職員や保護者・地域住民等が、教育活動や学校運営について話し合うことはとても大切です。
学校の状況を知ることで、課題意識を共有しますので、共通理解に立ち、開かれた学校づくりを目指せます。
第三者評価も、やはり効果的です。学校が自分たちの状況を客観視することができるからです。
第三者評価の専門的な助言によって、改善策が明確となり、適切な学校運営がなされ、信頼される学校づくりにつながります。

学校評価は、学校運営の改善により教育水準の向上を図るための手段でありますから、連携協力による「学校評価」の評価の結果とその公表によって、学校・家庭・地域のそれぞれの教育力が高まり、明るい見通しが見込まれます。



TOP