学校関係者評価と第三者評価

次に「学校関係者評価」が行われる!

自己評価の次は「学校関係者評価」が実施されます。
「学校関係者評価」は、自己評価の結果について評価を行います。保護者や地域住民と、そのほかの学校関係者などによって構成された委員会等により、評価されます。
各々の学校の教育活動の観察や意見交換等を通じ、評価していきます。
「学校関係者評価」を略して「関係者評価」、または「保護者等による評価」と適宜わかりやすく呼ばれることもあります。
また、自己評価に対するものとして「外部評価」と呼ばれることも。

学校運営の改善を図るために、教職員による自己評価と、保護者等による学校関係者評価は、重要な基盤となります。
緊密な関係を築きながらも一体的に置かれるべきものであります。

「第三者評価」による専門的視点

最後に、「第三者評価」の評価になります。
今までの評価を基に、学校とは関わりのない外部の学校運営の専門家が中心となり客観的に且つ正当な評価を行います。
実施者が、第三者評価が必要と判断した場合に行うものであるので、絶対にやらなければいけない、というものではありません。
何を評価していくかというと、最初に行った自己評価と、次の学校関係者評価の実施状況をよりどころとし、教育活動や学校運営の状況について、になります。

学校評価の詳細の内容、そして進め方は以上ですが、「自己評価」の評価の結果と、その結果について評価する「学校関係者評価」の結果の公表が、学校評価の基盤となっていることが分かります。
学校評価を取り組むことによって、様々な効果が期待されます。



TOP